仕事を辞められない人の3つの特徴とは?退職の決意を固めよう!

こんにちは!どんぶっちです!

このコンテンツにたどり着いたあなたは、今仕事を辞めたい人ですね!

しかし、仕事を辞めたいけど、中々辞められない人はどうして辞められないんでしょうか?

僕も10年間勤めていた会社を退職しましたが、退職するまで約7年間ぐらいかかりました。

そこで、退職してから、当時はなぜあんなに辞めれなかったのかを分析してみました。

分析してみて、仕事を辞められない人の特徴が大きく3つ分かりましたのでコンテンツにしてみました!

仕事を辞められない人は、参考にして下さいね^_^

 

目次

仕事を辞められない人の3つの特徴


仕事を辞められない人の3つの特徴を紹介します。

仕事を辞められない人の特徴
・優しい人
・気弱な人
・勇気の無い人

この3つです。

当たり前に思えますよね?

それでは、この特徴を深く掘り下げていきましょう。

優しい人

まずは、優しい人の特徴からです。

会社で優しい人は、周りの人のことをよく考えています。

周りの状況を見て、仕事の進捗で遅れていたり、手が足りていないところに、率先して仕事をお手伝いしたりするフォロー上手な人です。

すごく面倒見の良い人で責任感が強いんですね。

一見、仕事を辞めれない人では無いと思いますが、実はそれが仇になっています。

仕事に責任感がありますし、周りのメンバーを見ています。

なので、自分が仕事を辞めたら、仕事や周りのメンバーに迷惑をかけてしまう。

迷惑をかけない程度に仕事が段落したらとか、メンバーが育つまでは…。

そういう心理が働きます。

そのまま、過ごしていくことで、自分が仕事をやめるタイミングを見失って、ズルズルと続けてしまうんです。

そして、まぁ良いかとなっていきます。

気弱な人

次に気弱な人です。

気弱な人は、会社にとって都合の良い人なんです。

仕事をお願いしても断らない。

自分の意見を持っていないので何でもやってくれると思っています。

気弱な人は、仕事を辞めたいけど、言い出せないんです。

仕事を辞めると言った時の会社の反応が怖いんですね。

僕も経験ありますけど、退職すると言った時に、気弱な人は責められがちなんです。

頭ごなしに責められて、退職の話を無い様に扱われたりします。

そして、何も言えずに仕事を続けるしかない状況に戻ります。

勇気の無い人

最後は勇気の無い人についてです。

勇気の無い人は、辞めること自体を会社に言うことができません。

なぜなら、会社に何を言われるかわかりませんし、その反応自体が怖いんです。

自分が辞めると思っていても、思うだけで終わってしまうんです。

会社を辞めたいけど、人の反応が怖くて言い出せないということです。

 

3つの特徴の共通点

特徴がわかるとある共通点が見えてきます。

それは、自分のことを二の次にしている ということです。

自分の本心を出せていないからです。

本当に仕事を辞めたければ、きっと自分のことを二の次にせず、自分がこうしたい!そういう芯を持つことが大事です。

会社や周りのことじゃなく、自分のことを考えるべきです。

 

共通点を理解して退職する為の決意を固めよう


仕事を辞めたくても辞めれない人の共通点が分かったら、次はそれを踏まえて退職の決意を固めましょう。

退職の決意を固めると言っても、何も難しいことはしません。

今一度、自分と向き合うだけです。

会社を辞める理由が何なのかを、紙に書き出して洗い出してみましょう。

洗い出して、会社を辞める決心を固めていきましょう。

決意を固めたら、自分のことだけを考えて下さい。

会社や周りのメンバーのことは考えないようにするのがポイントです。

自分のことだけを考える理由として、退職の申し出をした時の会社の説得です。

申し出をすると、会社側の説得があると思います。

そこで、自分のことを二の次にしてしまうと、退職する気持ちがブレて、会社側の説得に応じてしまいます。

説得に応じてしまえば、自分の退職の決意がブレてずっと会社に居続ける状況になります。

会社側として、説得すればずっと居てくれる都合の良い社員になってしまいます。

そうならない為に、自分のことだけを考えましょう。

もう一つ気になるのが、周りの目 ですよね?

退職すると決意した時に周りの目はきっと想像していたと思いますが、退職することで周りの目が痛かったりします。

周りの目が気になって退職できなかったり、決意が揺らいでしまったりします。

これの解決方法は、意識しているのは自分だけということを理解することです。

どういうことかと言いますと、人は対してあなたに興味が無いということです。

もちろん、退職の話を出した時は、あなたに対して色々な感情が湧きますが、それ以上は特に何も起こりません。

つまり、周りの目が痛いのは自分がそう思っているだけです。

周りの目を気にしているのは自分だということを理解しましょう!

 

まとめ

退職の決意を固めるには?
・自分のことだけを徹底して考える!
・周りの目を気にしないこと!

退職の決意を固めたら、後は行動するだけです!

中には、「そんなこと言ったって家庭の事情や経済的な事情がある。」という人もいると思います。

その人の状況も、僕はよく分かります。

しかし、それは自分ではなく、周りを理由に退職する決意が固まっていないだけです。

周りを幸せにする為にしている自己犠牲です。

自己犠牲は周りを幸せにしないんです。

[aside type=”normal”]関連記事はこちらです
[kanren postid=”1953″][/aside]

仕事を辞められない人は自分を犠牲にしている人が多いです。

自分を犠牲にすることはやめて、退職の決意を固めて、自分の人生を生きていきましょう!

 

では、今回はこれで。

今回も閲覧頂きありがとうございました。

当ブログがおすすめするテーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる