うつ病になったら出世できない…。そもそも出世して良いことあんの?諦めるのが最善手かもしれない。

どんぶっち

こんにちは!どんぶっち(@donbucchi3)です!

社会人として目指すのは出世して偉くなる ということ。

そう思う人は多々います。

僕自身、そう思っていた人の一人です。

ある日、自分がうつ病の診断を受けた時にものすごい恐怖を受けました。

・これからの人生どうなるんだろう…
・社会での立場が終わった…

こんな思いが駆け巡りました。

そして、こんなことを考えました。

「うつ病になると評価に響いて出世できないんじゃないか…?」

めちゃくちゃ不安になりました。

そして、うつ病療養を2年以上した僕はある結論を出しました。

どんぶっち

うつ病になっても出世を目指す意味が分からない。
出世するのを諦めて良いです。

これが僕の意見です。

では、なぜこの意見になったのかをお伝えしましょう。

タコさん

バッサリ切ったね.。

どんぶっち

前職の経験があるから言えるんですよ~!

 



 

目次

自分を追い詰めた会社で出世してどうするの?

はてなマークを持つキャリアウーマン


うつ病になる大半の原因は人間関係 です。

会社は合わない人とも一緒に仕事をしなければいけません。

人間関係に気を遣うと、自分の精神が疲弊します。

健康な時はそこまで気ならないかもしれませんが、人間関係で使うエネルギーの消費量はハンパないです。

仮にあなたが復職したとしても、以前の様な働きっぷりはできません。

そして、精神的にも体力的にもハンデのある状態で出世を目指す ことになります。

そんな状態で出世を目指しても、負荷に耐えられなくなります。

最悪の場合、うつ病が再発して休職を繰り返すだけです。

僕としては、うつ病になった原因の会社に復職して出世を目指すこと が信じられません。

言ってしまえば、超ドMな発想だと思っています。

おそらく、復職して出世を考えている人の考え方はこんな感じです。

うつ病になったのは自分の精神力が甘かった…
こんな僕でも会社は必要としてくれている
お金を稼ぐには出世して待遇を上げるしかない

非常に狭い世界観でしか社会を見る ことができないんです。

なぜここまで言えるのか?

それは、僕自身がこの考え方になっていたからです。

うつ病になったとしても考え方が変わらないと繰り返す


うつ病になって療養しても、考え方が変わらなければ、同じことを繰り返します。

間違いないです。

原因は、会社の洗脳教育です。

会社の洗脳教育が強い人ほど、うつ病になったのは自分が至らないせいだと勘違いします。

違うんです。

会社が刷り込んでいるだけなんです。

うつ病になったのはあなたが至らない訳ではありません。

合わない会社、合わない人間関係なのに無理やり勤めていたからです。

例えば、合わない歯車を使って無理やり機械を動かそうとすると、その歯車の消耗は激しく、すぐに壊れたりしますよね?

合わない会社や人間関係はその状態なんです。

だから、復職して出世したいと考える人は、合わない会社や人間関係に消耗して、また同じ様に壊れます。

では、何をしていくのかといけば良いのか?

自分の中の間違った考え方を壊す必要があります。

誰にでもある3つの考え方をまずは壊していきましょう。

 




 

3つの考え方を壊すには?

どんぶっち

まずは、3つの間違った考え方をお伝えします。

うつ病になって復職と出世を諦めない人の考え方

  • うつ病になったのは自分の精神力が甘かった…
  • こんな僕でも会社は必要としてくれている
  • お金を稼ぐには出世して待遇を上げるしかない

この考え方を1つずつ壊していきましょう。
 



 

うつ病になったのは自分の精神力が甘かった…

そもそもうつ病になった原因は、我慢をし過ぎて心に負荷を負わせたことが原因です。

上司に厳しい注意を言われたりして、受け止めれないのは自分が甘いからという考え方自体をやめることです。

耐えたり、乗り越えることは自分の心のキャパと相談して、無理なら無理という判断をしましょう。

甘えでも何でもありません。

無理なこと可能なことを自分の中で冷静に判断する思考 が大事です。

洗脳教育が強いとその冷静な思考も奪われるので、一旦休職して会社から離れて今後のことをゆっくり考えるのもありです。

こんな僕でも会社は必要としてくれている

酷な伝え方かもしれませんが、必要としてくれると勘違いしているだけです。

会社が欲しいのはあなたではなくて、あなたという「労働力」 です。

労働力が確保できれば、正直誰だって良い んです。

実例として、以前、僕は営業所長をしていました。

そして、うつ病になってろくな引き継ぎもせずに休職して退職しました。

その結果営業所は潰れたか?

答えはノーです。

営業所は今も普通に運営しています。

つまり、あなたじゃなくて誰だって良いということです。

お金を稼ぐには出世して待遇を上げるしかない

この考え方は、会社での稼ぎ方しか知らない人が陥りがちの考え方です。

この考え方を壊すには別の稼ぎ方を知るということが一番 です。

一番効果的なのは、本を読んで情報を得ることですね。

オススメしたい本は「金持ち父さん、貧乏父さん」です。

この本を読んで、まだこの考え方を持っていることができるなら本当に今の会社が好きだと思います。

復職して出世を目指せば良いと思いますし、僕も応援します。
 




 

3つの考え方を全て壊すには諦めるのが一番効果的!

ベンチで横になるビジネスマン


考え方を壊していけば、自ずと出世や復職しなくていいやという気持ちが出てきます。

諦めの気持ちです。

その気持ちが大事です!

まず、あなたがすることは、会社の出世レースから降りて会社の洗脳教育を解除することです。

これができないと、自分の人生を再生したり、取り戻すことはできません。

諦めるというのは怖いことかもしれません。

僕自身、うつ病になった当初は

どんぶっち

出世レースから外れた…
人生詰んだ…

こんな気持ちが頭の中でぐるぐるしてました。

しかし、諦めて、休職してみたら自分の考え方がどんどん壊れていきました。

そして3ヶ月後には、会社を退職する決断をすることができました。

意外なことに、憑き物が取れた様に体や心が軽くなった んです。

そこから、自分の人生を再生したり、取り戻すためのプランを練ることができたんです。

だからこそ、「今の会社や社会の考え方が全てではない!」と思って、出世や復職を諦めてみるのが効果的なんです。

 



 

まとめ

まとめを伝える女の子


では、今回のコンテンツをまとめます。

うつ病でも出世や復職を諦めない人の思考
うつ病になったのは自分の精神力が甘かった…
こんな僕でも会社は必要としてくれている
お金を稼ぐには出世して待遇を上げるしかない

この思考に陥っている原因
会社や社会の洗脳教育が強いのと生き方を一つしか知らない

考え方を壊すには?
今の会社の出世を諦めて休職してみる
⇒自分の人生についてゆっくり考える

まとめは以上です。

タコさん

諦めるのも悪くないね。

どんぶっち

固くなった考え方を壊す方法としても有効です。

 



終わりに

会社や社会で出世するのは、人生において重要なものだと思います。

僕も病気になる前は、出世してお金持ちになるという考え方が大きかったです。

今は出世してお金持ちになるという考えよりも、どう生きたら自分が幸せに生きれるかを考えているぐらい変わりました。

前の会社に固執せず、出世を諦めて自分の人生に向き合う時間を作れたおかげです。

だから、諦めるということは悪いことじゃないと僕は思っています。

諦めることで自分の固まった考えを崩して、再構築するんだと。

そう考えればいいんじゃないでしょうか?

出世をすることが人生の目的でなければ、自分の人生をどう生きるかを考えてみましょう。

 
それでは、今回はこれで。

今回も閲覧頂きありがとうございます。

うつ病関連の記事はこちらからどうぞ

うつ療養の時にオススメ

当ブログがおすすめするテーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる