うつ病患者はなぜ症状の度合いを比べてしまうの?不毛な争いの原因は何?

こんにちは!どんぶっち(@donbucchi3)です!

最近Twitterでうつ病関連ツイートをしてました。

ツイート内容は、自分が感じることや思うことを色々とつぶやいていたんです。

その中で反応が良かったツイートがありました。

反応が良かったのは、おそらく皆うつ病同士の比較って無意味だと思っているけど、うつ病患者が症状をツイートしているとどうしても比べてしまうから納得の意味だと僕は捉えています(決してほっしーさんのネームバリューでは無いはずw)

これは、僕も同様にありました。

何で比べてしまうのか?

疑問に思ったので調べてみたんです。

そして、辿り着いた結論がこれです。

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2018/09/2018-03-27-13.02.54-e1538023637934.jpg” name=”どんぶっち” type=”l”]何かと比較してしまう人は学校教育、競争社会の刷り込みが影響している!! [/voice]

という訳で、なぜ学校教育や競争社会の刷り込みが影響しているのかを説明していきます。

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2018/05/タコの無料アイコン素材-1.jpeg” name=”タコさん” type=”l icon_black”]学校教育や競争社会の影響?
難しいな…[/voice]

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2018/05/タラバガニの無料アイコン素材-1.jpeg” name=”タラバ様” type=”r”]難しくないぞ。読めば簡単に理解できる。[/voice]

目次

学校教育や競争社会の刷り込み

学校は勉強や社会のあり方について学ぶ場所ではあります。

一般教養を教えてもらえる施設ですが、義務教育だと9年間(高校も合わせると12年間)ずーっと優劣がつく環境に身をおく んですよね。

もちろん、テストの点数や身体能力についてです。

周りに比較する人がたくさんいるので、優劣を無意識につけてしまう環境なんです。

もちろん、「そんな優劣をつけてなんかないよ!」と思っていても、9年間(高校含めると12年間)優劣をつける環境に身を置けば染まっていきます。

社会も学校教育の延長線です。

社会の方が出世やら評価がより明確なので、優劣をつける環境が濃く出ています。

そうした優劣をつける環境にずっと身をおいているので、何にでも優劣をつけてしまうんです。

だから、病気の症状でも比較して優劣をつけてしまうんです。

これはもう仕方ないです。

あなたが悪いと言うより、社会や世の中が悪い。

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2018/05/タコの無料アイコン素材-1.jpeg” name=”タコさん” type=”l icon_black”]学校や社会が刷り込んでいたということだね。[/voice]

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2018/05/タラバガニの無料アイコン素材-1.jpeg” name=”タラバ様” type=”r”]そうゆうこと。[/voice]

無意味な比較をしない方法

無意味な比較をすると、自分の心も苦しくなってきます。

「あの子より私の方が苦しんでいる」
「あいつより僕の方がうつ病で苦しんでいる歴が長い」
「あの子に比べて僕の方がうつ症状が軽い…」

こういった事を思っても何も生まれません。

その先に何も無いことを知る必要があります。

何も無いことを知る必要はたった一言こう自分に言ってやりましょう。

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2018/09/2018-03-27-13.02.54-e1538023637934.jpg” name=”どんぶっち” type=”l”]ふ~ん。で? [/voice]

こう言うと、先に何も無いということに気づけます。

僕は相手と比較し始めたら、この方法をよく使っています。

自分と相手を比較しても何も生まれませんし、くだらない優越感に浸るだけで、療養効果も少ないです。

だったら、自分が好きなことを思いっきり自分のペースでやること をおすすめします。

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2018/09/2018-03-27-13.02.54-e1538023637934.jpg” name=”どんぶっち” type=”l”]そっちの方が超効果的だよ![/voice]

まとめ

では、今回のコンテンツをまとめます。

うつ病患者はなぜ症状を比較してしまうの?


【うつ病患者が症状を比較してしまう理由】
◆学校教育、競争社会の刷り込みが影響している!!

【比較するのをやめる方法】
◆比較し始めたら自分に対して「で?何なの?」と問いかける
⇒比較の先に何も生まれないことに気付ける

まとめは以上です。

終わりに

Twitterをやっていると、うつ病症状のツイートがタイムラインで流れてきてしまうんですよね^^;

ツイートした本人は特に意識しないと思いますが、見た側が比較してまう事はよくあります。

僕も仕事していた時や療養当初は比較ばっかりしてました。

このままではいかんと思い、うつ病療養中にいろんな本を読んだことで、比較しても何も始まらないし、何も生まれないという事に気付けました。

本を読んでいろんな考え方を学ぶのは、療養中におすすめの過ごし方の一つです。

最後に僕が救われた言葉を送ります。

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2018/09/2018-03-27-13.02.54-e1538023637934.jpg” name=”どんぶっち” type=”l”]ウチはウチ!ヨソはヨソ! [/voice]

心穏やかに楽しくTwitterしましょう。

それでは、今回はこれで。

今回も閲覧頂きありがとうございました。

当ブログがおすすめするテーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる