今の仕事は向いている?今の仕事を辞めるべき4つのサインとは?

[voice icon=”https://donbucchi.com/wp-content/uploads/2019/05/どんぶっちアイコン正式no.jpg” name=”どんぶっち” type=”r”]こんにちは!どんぶっち(@donbucchi3)です![/voice]

社会に出て仕事をしていると、誰もが一度は通る道と言えば、仕事をやめたくなることです。

僕も入社2ヶ月で仕事を辞めたいと思いましたが、無理に続けて、かれこれ10年続けました。

おかげで、体も心も壊れたんですが…。

そんな教訓から仕事を辞めるサインを見出す事ができました。

このサインが出たら、あなたは即刻仕事をやめるべきです。

なぜなら、その先にあなたの成長はありません。

あるのは、壊れて退職する結末です。

なので、仕事を辞めたいと思っている人はこのサインが出てるかどうかをチェックしましょう。

 

 



 

目次

仕事をやめるべきサインとは?

前のめりに倒れる女子
まずは仕事を辞めるべき4つのサインをざっくり紹介します。

その後一つずつ解説をしていきます。

【仕事を辞めるべきサイン】
・仕事の何かに追われている
・今の仕事に焦りがある
・ワクワクしない
・恐怖を感じている

以上が、仕事を辞めるべきサインです。

このサインが出たら危険信号というより、もう辞めた方が良いです。

では、一つずつ解説をします。

 




 

仕事の何かに追われている


1つ目は「仕事の何かに追われている」です。

これは目標を見失っている状態です。

何かが明確になっていれば良いんですが、明確になって無いことが大半です。

そして、明確になっていてもやらされ仕事なので、あなたの目標ではありません。

例えば、営業所の売上を2倍にしろとか、集客を3倍にしろとか。

僕もよく上司から無茶な数値を言われました。

これは、はっきり言って無理です。

無理なんですが、上司には「お前が無理だと思っているから達成できないんだ!」と言われます。

そこで、この数値を達成する為にどうする?と目標らしきものができます。

それを目標と思い、仕事に追われている状態になります。

売上をアップするのもわかるんですが、無理難題を言われて数字を上げていくってモチベーションが上がる訳ありません。

あなたが仕事をやりたいというより、やらされているんです。

そして、あなたの目標でも何でも無い何かに追われる状態になります。

こうなると、今の会社は単純にあなたの意志と合いません。

例えば、付き合ってみた子の性格や相性が合わなければ別れますよね?

それと同じです。

意志の合わない会社に居続けると壊れます。

なので、さっさと会社を辞めましょう。

 



今の仕事に焦りがある


2つ目のサインは「今の仕事に何故か焦りがある」です。

これも何故焦っているのかわからないんです。

よくわからないけれど、同僚が休日返上で仕事したとか聞いて、自分が小さく見えたりしてしまうんです。

あいつは仕事頑張っているのに俺は…的なものに陥ります。

そして、自分も何かを頑張らなきゃと焦ってしまうんですよね。

こんな焦りはいりません。

これは、あなた自身が作っているよくわからない焦りです。

よくあるのが、仕事ができないから早く一人前にならなきゃとか、3年後には出世しなきゃとか。

確かにレベルアップすることは大事ですが、本当に自分がそう思っていないんです。

ただ、同僚が頑張っているから自分も頑張らなきゃと思って端的な目標を決めます。

焦ると周りが見えなくなります。

もしかしたら、同僚はあなたより仕事が遅れていて休日返上していたかもしれません。

自分を小さく見てしまうと陥りやすいので、まずは、自分の仕事がちゃんとできているかチェックしましょう。

ちゃんとできているのに焦っているのは、自分と会社が合っていないんです。

さっさと辞めましょう。

 


ワクワクしない

疲れて机に持たれる女性
3つ目は「ワクワクしない」です。

仕事ってつまらないものでしょ?と思う人もいるかもしれません。

その仕事がつまらないのもひっくるめてワクワクするかどうかです。

ワクワクしないのであれば、辞めてOKです。

嫌々やる仕事ほど、自分や周りを不幸にするものはありません。

もし、最初からワクワクしない仕事を選んだなら、見切りをしっかりとつけることをオススメします。

例えば、3年後に退職とか、何かノウハウを学んだら退職するなど。

見切りをしっかりと付けましょう。

僕の場合ですが、前の職場を選んだ理由が、会話のキャッチボールが苦手だったので、会話のレベルを上げる為に営業をやってみるという理由でした。

見切りを付けていたんですが、会社の洗脳が強く、そのまま継続してしまったのがいけませんでした。

なので、ステップアップするためにも、しっかりと見切りを付けるようにしましょう。

後は、ワクワクする仕事を選んだのに、最近ワクワクしないと思っているのであれば、それもひっくるめて全体的に考えましょう。

今ワクワクしないだけなのか?

ずっとワクワクしていないのか?

それ次第で、会社を辞める判断をすべきです。

 


恐怖を感じている


会社に恐怖を感じている人は、もうその時点で辞める判断をしてもOKです。

そこにいることが、あなたの身体と精神を蝕みます。

その恐怖を乗り越えることは無いです。

乗り越えたことがあったとしても、それは恐怖が麻痺しているだけです。

恐怖を感じたという事実は変わりないです。

なので、恐怖を感じているのであれば、その会社はあなたに合いません。

辞めてスッキリしましょう。

 


会社を辞める前に

腕組みするキャリアウーマン
以上が会社を辞めるサインです。

このサインが出るなら、もう辞める方向で考えてOKです。

ただし、明日から会社に行きませんは社会人としてNGですので、しっかりと2ヶ月ぐらいの猶予をもって退職の準備をしましょう。

退職の準備については、まず、直近の上司に退職の意志を伝えましょう。

説得されると思いますが、それは会社の都合であって、あなたの為では無いと言うことを理解した上で説得を聞きましょう。

その後、しっかりと引き継ぎをしましょう。

できる限り、あと腐れない退職をするように心掛けましょう。

 

 

それでは、今回はこれで。

今回も閲覧頂きありがとうございました。



当ブログがおすすめするテーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる